LEADERのページへようこそ!!LEADERってどんな人?? まだ見ぬLEADERへのイメトレは、これでバッチリッ!!
おちゃめで紳士で天然で・・・。いいえ、それだけではありません。
これを読めばもっとLEADERを身近に!!もっとLEADERの事が分かるのですっっ!
LEADERの大人気の秘密に迫ります。


森田もりた 匡施ただし
(本名・森田 正)

〜 海 〜
プロフィール
愛称 リーダー
生年月日 1964年
出身地 日本 大阪
血液型 B型
公称サイズ(出典不明)
身長/体重 178cm/65kg
BMI 20.5
単位系換算
身長/体重 5' 11"/143lb
その他の記録
独身、ハワイをこよなく愛する

目次  ●1 現在  ●2 生い立ち  ●3 自衛隊時代  ●4 経歴  ●5 彼の名言集  ●6 エピソード

〜 空 〜
リーダー22歳

〜 陸 〜

森田匡施(本名・森田正)(1964年)は、ダイビングとサーフィン、スノーボードのプロショップのオーナーであり、 世界水中連盟CMASの3スターインストラクターエグゼクティブ(最高指揮官・高官)の称号を持つ。
「リーダー」の愛称で親しまれている。日本初の海洋保護官・シーレンジャー
株式会社シールズの代表取締役であり、株式会社バーブワイヤー、株式会社アクトマンリッチ、株式会社レジョネアなど、 多数の会社やスポーツチームを保有。シールズグループの会長である。
インターネットTV『しぼったところで的はずれ(しぼまと)』を放映中。彼のユーモアのセンスが見られる作品である。
ダイビングショップでありながら、ダイビングという枠に留まることなく、人間・命をテーマに地球環境についての教育や、 海洋生物、特にクジラ・シャチ・イルカの観察・保護・調査に力を入れている。
シールズの爆発的人気は、彼の教育方針や、自然に対する熱意、彼自身の人格によるものである。
なぜならば、彼の職場がいつも自然と共にあったからである。


これは、2006年に雑誌の取材を受けたときの記事の一部です。リーダーは、シールズオープン当初からずっと、環境問題を訴え続けているのです。
●1 現在

海洋保護活動(パトロール中)のリーダー

夜間パトロール中

最新型のハイテクパトロール艇 現在活動中

ハワイ、オアフ島のアトランティスにて

インストラクター合宿にて

海で出会ったイルカ

海洋保護船シールズ・レンジャー号で
イルカ保護の活動中

国際環境保護団体シー・シェパード
Direct Action Crewとして現在活動中

2階ブリッジに小型ボート
シールズ・ゾディアック搭載
▲戻る
●2 生い立ち
鉄鋼会社を営む富豪の長男として生まれる。
8歳のとき、親の商売が失敗し、どん底を見る。毎日の食事に困るほどの悲惨な少年時代を送る。
16歳で二輪のプロレーサーとしてデビュー。数々のレースに参戦。 その後、スカウトにより防衛省陸上自衛隊に入隊。
のちに、ダイビングとサーフィン、スノーボードのプロショップ『シールズ』を営む。
スノーボードでは、ワンメイク、アルペンなどで、プロの選手として数多くの大会に参戦。 30代前半で癌と診断され、闘病生活を送るが、大手術の末、奇跡的に回復する。
現在は、熱血教師として生徒からの絶大な人気を誇っている。

彼のイメージとしては、紳士、ハンサム、正義の味方、語学堪能、武士道精神、ユーモアがあり、おしゃべり上手、 やんちゃ坊主、いなせ、老若男女追わず人気者(特に動物から好かれる)、昭和のヒーロー像、などがある。
3歳の頃より剣道、少林寺拳法、居合い、合気道、自衛隊時代には銃剣道、銃剣格闘、徒手格闘を学び、いずれもブラックベルトを保有。
武士道という言葉がよく似合う人物である。
レーサー時代
ダッチバイパー戦


公共の宣伝にも載っています。

ピアノの教師でもあり、なぎなた・合気道の達人でもあった母


昭和30年代

富豪時代

3才から剣道

私服で外出

▲戻る

●3 自衛隊時代
教育課程(兵学校)では、教育団の団長賞を受賞。その他射撃賞を含め、数々の賞を受賞。成績トップで卒業する。
その後、各地で厳しい訓練を受け、最終勤務地、中部方面幕僚総監部にて狙撃手(スナイパー)として活躍。
自衛隊射撃大会スナイパー団体戦(4名1チーム)での優勝経験を持つ。
当時、冷戦時代だったため、数多くの特殊任務につき、多くの救助活動にも参加。
いくつもの武勇伝を残し、27歳で退官。彼が退官することにより、中隊が解散の危機に追い込まれたという伝説もある。
部下に対する教育を熱心に行っていたため、その行動が受け継がれ、現在、中隊は教育中隊になっている。 また、潜水部隊で勤務した経験があり、ダイビングショップを営むきっかけとなる。

潜水部隊

戦車をバックに

ヘリボーン訓練中

戦闘機と貴様と俺とは同期の桜

スナイパー戦にて

指揮通信車を格納中

ヘリの偽装訓練中

前方降下

セーラーマン

部隊の仲間と
▲戻る
●4 経歴
現在は、熱血教師として生徒からの絶大な人気を誇っている。オープンウォーターダイバーの数を含め、卒業生は20万人以上にのぼり、 プロコース卒業したインストラクターの数だけでも2017年現在5万人を越える。客層は幅広く、大物芸能人・K−Popスター・タレントから政治家まで、様々な人が学びに訪れる。
数多くの卒業生がマリン業界に入り、世界各地に50店舗以上のダイビングショップがオープンしている。
2009年、世界水中連盟CMASより、日本初の海洋保護官としての資格と称号を与えられ、 現在、活動中である。
ダイビングにおいては、レジャーから潜水業務まで幅広く対応。自衛隊時代には、コンバットダイバー(フロッグマン)の経験もある。
身体障害者にダイビングを教えるインストラクターであり、イルカと共にリハビリをするドルフィンセラピスト(アニマルアシスタッドセラピー)でもある。
このような資格を保有する人物は世界でも珍しく、テレビやラジオ、雑誌などに騒がれ、数多くの取材を受けるが、マスコミ嫌いで有名である。
しかし、今もなお、テレビ出演のオファーや芸能事務所からのスカウトが後を絶たない。

オープン当時のリーダー

若き日のリーダー?!

有名女性雑誌。
メンズコンテスト1に輝いたことも。

当時のグラビアアイドル達に囲まれて

身障者ダイビング

左にリーダー、右にはイルカ

捕らわれたクジラの調査中

捕らわれたイルカ

戦闘訓練後
その他、レスキューやライフセーバーなど、海に関する保有資格は数え切れない。
日本赤十字の水難救助員であり、潜水士としても有名で、大阪府警察や、各都道府県の警察からの依頼が多く、困難な遺体捜索や凶器の検索、 水中での救助活動に数多く携わる。 探偵としての資格も持ち、その他の犯罪捜査依頼も請け負う。
大阪府警防犯協議会から、これらの活動を称えられ、大阪府警察より2005年に表彰される。
2008年には、JSBA(日本スノーボード協会)より、25年間のスノーボード発展への功績を称えられ、表彰される。現在も活動を続け、プロライダーとして通算年になる。
大阪府下のいくつかの養護施設(孤児院、障害者施設)の支援もしている。
ユニセフ(国際連合児童基金)を年以上支援し続け、マンスリーサポーターで、過去に回の表彰を受ける。
WWF(世界動物保護基金)のメンバーでもあり、彼自身も交通事故などで傷ついた動物を保護し、育てている。
WWFより2014年、表彰される。
国際環境保護団体シーシェパードのメンバー・DIRECT ACTION CREW、Ric O'Barry's Dolphin Projectのメンバーである。
世界中の保護活動家から日本のバットマンと呼ばれている。

■リーダーに保護された動物たち(画像をクリックしたら詳細が見れます)

ジェニー

ノタ

ドロ

キャプテン

ウィンター

フレンダー

サム

チャト

キキ

アイ

ニャニャ

クルミ

ミルク

ニコライ

バロン

ムリニャ

ポニョ

クリスマス

トゥルー

ミラクル

チョッパー

チュチュ

ベール

ハッピー

ピーチ

アッシュ

スノー

ニャー

スーしゃん
LEADERが、今まで保護してきた動物は1000匹以上と言っても過言ではありません。
サル、犬、猫、鳥、タヌキ、鹿、イノシシ、どぶねずみ、野うさぎ、イタチ、コウモリ、昆虫たちや、死にかけた海ガメなどなど、 まだまだ書ききれないくらいの動物たちを保護しています。
「でもね、助けることのできる命の方が少ないんだよ。」
そう言って、LEADERは寂しそうな顔をします。
しかし、それでもLEADERは助かる命のために日々がんばっています。
▲戻る
●5 リーダーの名言集
海を守らなければ地球を守れない。
人の命も動物の命も同じである。
何の為に生まれ、誰のために生きるのか、
その答えを知りたければ一生懸命生きる。
海洋保護に全てをかけたい。
この命が尽きるまで。
1年365日休みなし。1日16時間労働。
それが俺の生き方。
若い時に流さなかった汗は、
年をとって涙に変わる。
捕鯨、イルカ漁に絶対反対である。
海洋大国の日本こそ世界で最も海洋保護が
進んでいなくてはいけないのに
今は、全くその逆を進んでいる。
今、この時の選択が未来を分ける。
選択が人を選別する。
社会がそれを判断する。
正しい人から正しい事を習った。
それを次世代に教えていかなければならない。

one for all, all for one

第4小隊旗(プロコース)

第3小隊旗(上級チーム)

第2小隊旗(中級チーム)

第1小隊旗(初級チーム)

シールズTシャツ
▲戻る
●6 エピソード
ガンガゼに刺されるというのはよく聞くが、彼が刺されるときは指を貫通している(爪まで)。
以下、彼のダイビングでの武勇伝をいくつか挙げてみる。
  • オニヒトデにチョップし、7本のトゲが刺さるが、手首切断の危機を乗り越える
  • アカエイに刺され、九死に一生を得る
  • ヒョウモンダコに噛まれ、九死に一生を得る
  • サメに噛まれ、左肩をえぐられるが、九死に一生を得る
  • イシガキフグに左手親指付け根付近の肉をえぐられるが、命に別状なし
  • ホンソメワケベラに口の中を掃除させていたら、モンガラハギが近づいてきて、彼の舌に噛み付き怪我を負わせた
  • ハンマーヘッドシャークを助けるために馬乗り
  • 水深20m地点で鎖に絡まったウミガメを助けるため、命がけで奮闘数百kgある鉄パイプを持ち上げての救出劇に、生徒一同涙した
  • 業界駆け出しの頃、シャチへの知識が全く無く、映画『フリーウィリー』の真似をし、野生のシャチに抱きつき、一緒に泳ぎ回り、世界中の人たちを驚かせた
    (後に、シャチについて学び、本人が一番驚いていたらしい)
  • シールズポニョ号で海洋保護活動中、突然の気候変動に遭遇。波5メートル、最大風速35ノットの爆弾低気圧の中を、述べ8時間の夜間航行ののち、 奇跡的に帰港。鳴門の漁師さんに助けられ、九死に一生を得る。
  • 過酷な潜水により、重度減圧症と診断され、右半身麻痺になりかけるが、再圧治療により完治する。現在、右手の感覚はほとんどないが、絶好調!!
等々、数え切れない。 しかし、それはまた、別のお話なのである。
リーダーの親友たち

メーター

吉田のとっつぁん

宇宙刑事・いのちゃん

BOSS少佐
リーダーの愛車たち

これは普段用

これはツアー用

これは夜用

▲戻る

プロショップシールズ(LEADER)はWWFの自然保護活動に賛同し、募金活動に協力しています。
シールズ店内に募金箱を設置していますので、皆さまのご協力をお願い申し上げます。